「題詠blog2007」参加のための専用ブログです。 参加作品をUPしていきます。 (五十嵐きよみ)


by kiyomiigarashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:041-050本目の薔薇( 10 )

 ヴェローナの仮面舞踏会(マスカレード)で知り合った二人とはまた異なる試練
[PR]
by kiyomiigarashi | 2007-06-03 16:31 | 041-050本目の薔薇

049:約(五十嵐きよみ)

 約束を交わせたらいい「春」というボッティチェッリの絵画の前で
[PR]
by kiyomiigarashi | 2007-05-29 19:25 | 041-050本目の薔薇
 毛糸玉ころがるようにシャボン玉あふれるように彼女は笑う
[PR]
by kiyomiigarashi | 2007-05-29 19:23 | 041-050本目の薔薇

047:没(五十嵐きよみ)

 若くして没した詩人の享年をいくつ過ぎたか数えてはだめ
[PR]
by kiyomiigarashi | 2007-05-25 23:16 | 041-050本目の薔薇
 オペラ座の階段おりてゆくときのささやくような衣擦れの音
[PR]
by kiyomiigarashi | 2007-05-25 22:55 | 041-050本目の薔薇
 まだ青いトマト(彼女)とあとはもう崩れるだけの熟したトマト
[PR]
by kiyomiigarashi | 2007-05-25 22:53 | 041-050本目の薔薇

044:寺(五十嵐きよみ)

 尼寺へ行くなら裸足でたいせつな名前ひとつを胸にひそめて
[PR]
by kiyomiigarashi | 2007-05-22 00:10 | 041-050本目の薔薇
 春先のあわゆきに似たためいきを恋した誰かが密やかにつく
[PR]
by kiyomiigarashi | 2007-05-22 00:07 | 041-050本目の薔薇

042:海(五十嵐きよみ)

 この海を越えてゆけるか鳥かごの鳥でしかないこころを放つ
[PR]
by kiyomiigarashi | 2007-05-16 21:04 | 041-050本目の薔薇

041:障(五十嵐きよみ)

 小娘に高価なワインをおごるのは癪に障るが元は取れるな
[PR]
by kiyomiigarashi | 2007-05-15 19:36 | 041-050本目の薔薇